【初心者向け】ギターがもっと楽しくなるアイテム10選【練習に便利な道具】

ギターアイテム集

「ギターを練習する上であったほうがいい道具が知りたい!」

こういった疑問をお持ちの方へ、本記事では初心者の方が持っておくだけでギターを練習するのがより楽しく、便利になるであろう道具を10つ紹介していきます。

「さすがに10コ買えるほど予算もないなぁ」という方のために、

  • 確実に持っておきたいアイテム
  • あると便利&面白いアイテム

に分けて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

確実に持っておきたいアイテム

ここで紹介していく道具は、今後練習を続けていくのであれば確実に「持っておいてよかった!」と思えるアイテムばかりです。
価格も1000円前後で購入できるものがほとんどなので、この機会にまだ持っていないものは購入しておきましょう。

ギタースタンド

すでに持っている方も多いと思いますが、確実にギタースタンドは1台あった方が良いです。
持っていない方の多くは、壁に立て掛けたり、床においたりしている事がほとんどですが、ギターにはインテリアとしての側面もあるので、スタンドに立て掛けておくだけで、カッコよさがましてモチベーションも上がってきます。

「自分はカバーに入れてるから、問題ない」という方もいるかもですが、そういった方もスタンドは持っておいた方が良いです。
理由は、自然と練習しなくなっていくから。
カバーからギターを出し入れする動作がめんどくさくなり、除々にギターの練習する機会が減り、気づいたらギターが物入れの中に、、、なんてことにならないように、ギタースタンドは確実に入手しておきましょう。

created by Rinker
キクタニ
¥1,380 (2020/10/27 11:52:36時点 Amazon調べ-詳細)

ギターピロウ

どちらかというと、必須ではないですが、持っておいて損はないアイテム。
ギターを床に寝かせて置く際に、ネック部分を支える役目を果たしてくれるため、ギターが痛むのを防いでくれます。

ギタースタンドがあれば使う機会は少ないですが、友人の家に行く時など、ギターを持ち運びする際にコンパクトで持っていきやすいスタンドして活用できます。

created by Rinker
MAXTONE
¥1,100 (2020/10/27 02:56:45時点 Amazon調べ-詳細)

カポタスト

これはもう、必須中の必須ですね。
弾き語りをやりたい人ならこれがないと始まらないレベル、それ以外の人にとってもかなり重要なアイテムです。

鳴らす音のキーを調節できる道具ですが、J-POPの弾き語りであれば、半数を大きく超える曲でカポタストは必要になってきます。

ブランドなど、一切気にせず、しっかり使えて安いものが欲しい方はこちら↓

しっかりしたブランドで、利便性も高いものが欲しい方はこちらがおすすめです↓

ストラップ

意外と持っている方が少ないんですが、ストラップも持っておいた方が良いです。
基本座って弾くスタンスだという方も、一度つけて立って弾いてみるとかなり演奏感に違いが出て、上達が早まったりする事もあります。(僕が経験済みで、立って弾くとストロークが弦に引っかかりにくくなりました)

練習に使うのであれば、素材などは意識しなくても大丈夫です。自分が気に入った柄や模様のストラップを選ぶようにすると良いと思います。
真っ黒であればこちらが最安値です↓

サイレントピック

特にアコギの人はこの利便性に驚くと思います。
夜、8時9時になると流石に音を気にして練習をやめますよね。でも、そういう時に限って、めちゃくちゃ弾きたくなってきますよね笑

サイレントピックがあれば、体感的に通常の80%ほどの音量で演奏する事ができるので、あまり音を心配せずに練習することができます。

ギターのサイレント用品は他にもあったりするんですが、断然効果があるのはサイレントピックです。
まずはこちらをためしてみて、まだ気になるようであれば他のサイレントグッズも試してみると良いでしょう。

created by Rinker
香取製作所
¥550 (2020/10/27 02:56:46時点 Amazon調べ-詳細)

お気に入りのピック

ギターを買った時についてきたピックでずっと練習していませんか?
ピックにはものすごい種類があり、サイズや薄さ、形、柄がそれぞれ違ってきます。

あんまり音とは関係がなさそうに感じるかもですが、持ちやすさや弾きやすさなど、自分にフィットするピックがあると、上達の速度がかなり変わってくるので、色々な種類のピックを試してみることをおすすめします。

created by Rinker
Fender(フェンダー)
¥1,180 (2020/10/27 23:50:43時点 Amazon調べ-詳細)

こういった、ランダムで色んなピックの形状やサイズが試せるセットを購入するのもおすすめです↓


また、サムピックと呼ばれる、親指にはめるピックもあり、将来的にフィンガースタイルの演奏がしてみたい方は、価格も安いので購入しておくと良いでしょう。

あると便利&面白いアイテム

ここからは、今まで紹介してきたアイテムよりは重要性が劣るものの、あったら便利&練習が楽しくなる道具達を紹介していきます。

ギタークロス

ギターについた汚れを拭き取るためのクロスです。
演奏中には、弦やネック、ボディに指の油分が予想以上に多く付着します。
そのままでも問題ないといえば問題ないんですが、長期的に見ると弦が悪くなりやすかったり、ギターの光沢感が落ちてきやすくなったりするので、きれいにしておく事は結構重要でもあります。

ギター用のクロスでなくとも大丈夫なので、ギターを清潔に保てる道具を1つは持って置けると良いですね。

メトロノーム

基本的にメトロノームはスマホの無料アプリでどうにかなるものですが、スマホでTAB譜を見ながら練習していたりする場合は、わけが違います。
価格も有名メーカーのもので1000円を切るぐらいなので、リズム感を鍛えるためにも1つ持っておくのも良いと思います。

ポケットギター

これはまた、面白いアイテムです。
ギターのネック部分が再現されたもので、ギターが持ち運べない場所でも、コードの押さえ方などを練習することができます。
使う機会は少ないかもですが笑、車の中で練習したり、片手でスマホを持ちながらコードの確認をしたりと、スキマ時間にもギター練習をしたい方にはおすすめの道具です。

友達とあった時などに持っていくと、話のネタにもなるし笑いも取れるので、おすすめです笑。

スマホスタンド

スマホでTAB譜を確認しながら練習したりする際に、膝の上においているとめちゃくちゃ見にくいですし、スルッと落ちて最悪な事態になることもあります。(実は経験済み…)
ですので、安いものでも良いので、スマホスタンドは1台持っておくと便利です。

自分の演奏の様子を動画で撮って改善していく練習にも使えたりするので、こういった3脚になっているスマホスタンドならより良いと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ギター初心者が持っておくだけで、上達が早まったり、ギターの練習が楽しくなる道具を10コ紹介していきました。

ギターを始めたばかりのうちは、色んな壁にブチ当たって挫折しがちなので、モチベーションを高めて練習していく事が大事です。
ぜひ今回紹介した道具を使って、少しでもより楽しんでギター練習に取り組んでみてください!

それでは!