【初心者必見】ギターを爆速で成長させるために見るべきYouTuberまとめ【今は無料で独学できる時代】

初心者向け 練習方法

「ギターを独学で勉強したいけど、具体的になにをすればいいの?」

こういった疑問をお持ちの方へ、本記事ではギターを独学で練習していく上で欠かせない、絶対に見ておくべき動画と、おすすめのYouTuberを紹介していきます。

独学と聞くと、教本を買ったりする必要があると思いがちですが、今の時代はネット上に有料級の情報が散らばりまくってます。

実際、僕もYouTubeやネットの情報を参考にしながらギターを独学していきましたが、2ヶ月も立たないうちに、J-POPなどの普通の曲の弾き語り用のコードであれば、10分ほど練習するだけで弾けるようになりました。

もちろん、スクールに通うという選択肢も良いと思います。しかし、スクールは有料で、ネットの情報は無料です。
まずはネット上の情報を参考にしてみて、それでもうまくいかなかったらスクールに通ってみるのが最善策だと思います。

それではさっそく本題に入っていきましょう。

まずは道具と基礎知識を充填


独学で勉強するといっても、最低限の道具と基礎知識は必要です。
まずは自分がスタートラインに立てているかどうか、これらの記事を読んで確認しておきましょう。

両方とも3分ほどで読めるかと思います。

道具はこちらで確認

基礎知識はこちらでざっと

基礎知識だけつかめれば良いので、読むのは前半部分のみでも大丈夫です。

絶対に見ておくべき動画とYouTuber


それでは早速、初心者が見ておくべき動画と、おすすめのYouTuberを紹介していきます。

なつばやしさん(入門動画)

基礎知識の記事の中でも紹介していましたが、こちらの動画は確実に見て押さえておきましょう。
最初のうちは基本的な動きでさえも難しく感じるので、こちらの動画で取り上げられている練習をまず2,3日は地道にこなしていきましょう。

リッキーさん(音楽理論)

具体的な練習方法ではないですが、音楽理論は同時進行で勉強しておいたほうが良いです。

なぜなら、曲のアレンジや耳コピに必須だから。

ギターを練習していると、「この曲弾きたい!けど楽譜ないなぁ…」ということや、「頭にいいアレンジが浮かんだのに、どこ弾けばいいかわからん!」ということが高頻度で起こります。
そういったケースにも難なく対応していけるようになると、さらにギターを演奏する事が楽しくなってきます。

将来的に作曲してみたいと考えている人も、必須の知識なので、長いですが、スキマ時間にこの再生リストで勉強できると良いと思います。

かずきさん(基礎練習)

毎日、曲の練習前などに取り組める基礎練習の動画です。
編集や話し方がめちゃくちゃわかりやすい上に、練習の効果は抜群なので、ぜひ取り組んでおきましょう。

瀧澤さん(基礎練習)

ギター系YouTuberの中でも有名な方です。
シンプルにわかりやすく、この動画以外にも有益な動画を大量にアップしてくれているので、次のおすすめに出てきた動画の中で気になるものがあれば、どんどん見ていくと良いと思います。

Namaさん(練習方法)

「ギター初心者を10日で抜け出す」という、初心者の方の見たい欲をそそるタイトルの動画です笑。
この動画以外にも、「まさにそれが見たかった!」と思うような動画がかなりアップされているので、動画一覧から動画を探してみてみると、様々な気づきを得られると思います。

Seiji Igusaさん(TAB譜)

僕が好きなプロギタリストの一人です。
基本的に自身の作品がアップされているチャンネルですが、初心者でも弾けるように改良された曲がTAB譜付きで公開されています。
なんといっても曲自体がおしゃれなのに、指は2本だけ使えれば弾けるという初心者にとっては最高の練習曲なので、自分の好きな曲を選んで練習してみてください。

makioさん(かっこいいフレーズ)

「弾けたらかっこいいフレーズ」シリーズを大量にアップしており、バリバリの初心者にとってはかなり難しめですが、初心者からレベルアップしていく上ではかなり良さげなフレーズが集まっているので、ぜひ練習してみてください。

ソエジマトシキさん(中級者向け)


少し動画の内容が難しいかもですが、見ておくと良いチャンネルです。
特に、「エレキでオシャンティーな曲が弾けるようになりたい!」という方は、登録必須のチャンネルかと。
Neo-soulという最近流行りのオシャレなジャンルの曲の動画を多く出しているので、そういったジャンルが好きな方はどの動画も見ていて楽しいものばかりだと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は初心者がギターを爆速で成長させるために見るべき動画と、おすすめのYouTuberを紹介していきました。

今はギターに関することでも、ネットで調べれば多くの情報を入手できます。
今回紹介した方達を参考にして、様々な情報を入手し、よりギターが上達できるようになるといいですね!

それでは!